2008年07月01日

メモリのビット幅の記法

Verilog HDLで64kワードのメモリを宣言する場合には、以下の通りである。

reg [31:0] mem[0:65535]; //(1)
reg [31:0] mem[65535:0]; //(2)

文法的に言えば(1)も(2)も等価であるが、メモリのビット幅の宣言としては(1)が一般的である。その理由としては、テストベンチで$readmemh等を利用して対象のメモリに初期データをシーケンシャル代入する際に、普通はメモリのアドレスが小さい0から65535とファイルの先頭から昇順代入されるが、処理系によっては(1)と(2)と区別され、(2)では65535から0へと降順代入される可能性があるからである。


2008年04月06日

コンピュータの構成と設計

コンピュータとは何か?を真剣に勉強してみたい人向けの本。コンピュータアーキテクチャを解説してくれる数少ない良書です。この本では主にプロセッサアーキテクチャのひとつであるMIPSを例に解説を行う。「ソフトウェアプログラミングは完璧だ」、「これからハードもやってみたい」、「コンピュータサイエンス専攻一年目」という方々に是非お勧めしたい本です。

ちなみに現在最新版は3版ですが、二版と比べて三版は大きく内容が削減されてスリムになっており、削減された内容は付属のCDにpdfデータとして同梱されています。
私は二版上下と三版上下、両方所持しています。








新カテゴリ追加

カテゴリとして「書籍レビュー」を新設。
posted by vNull | Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | Edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。